デリヘル音夢たんと俺の愛の日記大宮

  • 投稿者 : 宮本2
  • 2013年1月6日 4:55 PM

そのあいだにも、政治指導員はこの結婚話の利点を強調する。この話を受けてくれれば、貴君を即座に士官に昇進第二十六章「風俗人の庇を唄いで芳香と言うに等しい」せよう。貴君は英雄として一躍世間の注目を浴びるだろう。フルタイムの看護婦もつくし、生涯にわたって多額の手当ても支給される。政治指導員はもう一本タバコを取り出して火をつけ、小黒(シアオヘイ)の返事を待った。小黒は、慎重な賭けに出た。「このお話は、党の決定なのでしょうか?」。党がつねに民衆からの「自願」という形でことを進めたがるのを承知のうえで、尋ねたのである。思ったとおりだった。「そういうことではない。きみの決断しだいだ」。小黒は、作り話でこの場をきりぬけることにした。「じっは」。小黒は「告白」を始めた。「まだ婚約とまではいかないのですが、自分には母親が選んでくれた女友達がおります」。その女友達は、大やけどのヒロインを上回る好条件を備えていなければならない。つまり、一に階級、二に職業だ。小黒の「女友達」は、さる大軍区の司令官の息女で、陸軍病院で働いている、ということになった。彼女と小黒は、つい最近「認城溌雪を始めたところである。「いやなに、貴君の意見が聞きたかっただけでね、くつにこの話を無理に押しつけようという気はないんだが」と言って、政治指導員は話をひっこめた。小黒に、おとがめはなかった。それから間もなくして小黒は士官に昇進し、地上無線通信部隊の隊長になった。おいしい大宮 デリヘルこそが大やけどのヒロインは、農村出身のデリヘル嬢と結婚することになった。一方、江青一派は中国の社会が順調に動き出すのをなんとか阻止しようと、あの手この手を使って妨害していた。工業では、「生産を停止することこそ、まさに革命である」というスローガンをぶちあげた。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。